恐竜造形製作日誌 コティロリンクス その3 忍者ブログ

恐竜造形製作日誌

 ■恐竜立体造形作品の製作工程を紹介■

[PR]

2017/11/19(Sun)10:18

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|Comment

コティロリンクス その3

2007/07/22(Sun)10:56


後肢・大腿部まで進みました。

前回も書きましたが、歩き方はサムノーブル博物館に
展示されている立体骨格のポーズを元に、
コモドオオトカゲを参考にしています。
ただ、コティロリンクスは成体だとコモドオオトカゲの
倍以上(数倍?)の体重の動物と推測されるので、
もっと鈍重そうな歩き方でも良かったかな、と思ってます。
PR

No.34|恐竜造形製作日誌Comment(3)

Comment

無題

2007/07/23(Mon)06:05

生き物の形は本当にバリエーション豊かですね。
この形にもきっと何か意味があったのでしょうが思い浮かびません。頭が小さくないと食べる事の出来ない物を食べていたんでしょうかねぇ、、
コティロリンクスにゾウガメの甲羅をプレゼントしたくなるのは私だけでしょうか?

No.1|by umr|URLEdit

無題

2007/07/23(Mon)06:19

>頭が小さくないと食べる事の出来ない物を
>食べていた
個人的な考えなんですが、
コティロリンクスの頭は、確かに相対的には
小さいですが、当時の一般的な植物に比べ
不釣合いに小さい、という事でもなさそう
なので、頭の大きさはそのままに
消化のために胴体を大きくした、という
事じゃないかな、と。消化し難いものを
食べていたとか。
逆を言えば、あの胴体にもっと大きな頭が
あって、植物の摂取量が増えても
消化が追いつかない、っていうのはダメですかね。

No.2|by ふらぎ|URLEdit

無題

2007/07/23(Mon)10:27

確かに首が短い分重心が低いと見れば竜脚類と同じような体型ですね。どうやって暮らしていたのかを想像するのは楽しいです。

No.3|by umr|URLEdit

Comment Write
Name
Title
URL
Mail (初めての書き込み・アドレス変更の方は必須)

Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字