恐竜造形製作日誌 サバタ&アボラ 忍者ブログ

恐竜造形製作日誌

 ■恐竜立体造形作品の製作工程を紹介■

[PR]

2017/11/19(Sun)10:23

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|Comment

サバタ&アボラ

2008/07/12(Sat)10:52

製作中のオヴィラプトル


さらにプロトケラトプス

まだまだ芯の段階ですが。
大型の角竜とは、地味にいろいろと違うので、
造っていて意外に面白い恐竜です。
PR

No.57|恐竜造形製作日誌Comment(7)

Comment

無題

2008/07/12(Sat)16:34

か、可愛ぇ〜
オヴィラプトルのカポッとした口とか
プロトケラトプスのヌケた鼻面とか
チョーかわえぇ〜!

No.1|by 飛車|URLEdit

無題

2008/07/13(Sun)12:34

■飛車さん
オヴィラプトルは、頭部の形と
羽毛恐竜としての復元から、ちょっと
「異形の恐竜」として復元される事が
多いように感じるので、私の作品では
大人しめの方向性にしています。

プロトケラは、標本によって頭骨の
形がかなり違うので、どれを一番
参考にするかを考えるのが楽しかったですね~。
プロトケラ美少女コンテスト審査員気分。

No.2|by ふらぎ|URLEdit

無題

2008/07/15(Tue)07:20

どちらも楽しみです。
そう言えばプロトケラトプス、仙台でお会いした時バスの中で話題になりましたね。
どんな姿になるのかな。

No.3|by A.E.G|URLEdit

無題

2008/07/16(Wed)06:38

■A.E.Gさん
宇都宮の時ですね。
あの時に伺った話でプロトケラへの興味が
湧いて、造りたいなって思ってたんです。
地味な中にカッコ良さが表現出来れば良いかな、と。

No.4|by ふらぎ|URLEdit

無題

2008/07/16(Wed)07:37

失礼、宇都宮でしたね。
実は私も狙っていたのですが(あとタルボサウルス)、
当面見合わせます(笑)。

No.5|by A.E.G|URLEdit

無題

2008/07/24(Thu)15:24

こんにちは。 前回の非表示の件ですが無事表示されました。プロトケラトプスは一番好きな恐竜なので楽しみです。

ところで自分も最近恐竜模型に興味があり始めてみようと思っているのですが今オーストラリアに留学中で定番のアートクレイ社のファンドなどが手に入りそうにありません、、一応石粉粘土はみつけたのですがあまりに質が悪く紙年度の方がマシみたいです。
スカルピーはあるのですがあまり恐竜模型には使われてないみたいなのでどうなんでしょう?メリット、デメリットを教えていただければうれしいです

No.6|by Shin|URLEdit

無題

2008/07/24(Thu)19:30

■Shinさん
サイトのほうは、こちらのミスで
IEでは見れなくなっていたそうです。
他の方からの指摘もあり、修正しました。

海外の模型雑誌や恐竜雑誌を見ていると、
恐竜・クリーチャー系の造形には
スカルピーが使われる事が多いようです。
逆に石粉粘土はほとんど(全く?)見た事ありませんね。
スカルピー、私も使いますし、恐竜造形にも
向いている素材と思います。
ただ、慣れの問題と、作品の輸送や展示の事を
考えると、
ファンドの硬化後の強度の高さが結構重要なんです。
造形だけなら、スカルピーで十分。
強度も、取り扱いに注意すれば特に
問題はないですよ。

No.7|by ふらぎ|URLEdit

Comment Write
Name
Title
URL
Mail (初めての書き込み・アドレス変更の方は必須)

Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字