恐竜造形製作日誌 ズンガリプテルス その1 忍者ブログ

恐竜造形製作日誌

 ■恐竜立体造形作品の製作工程を紹介■

[PR]

2017/11/19(Sun)10:17

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|Comment

ズンガリプテルス その1

2007/02/17(Sat)18:22

中国産の翼竜・ズンガリプテルスです。


地上を4つ足歩行している所。
翼のたたみ方の表現が難しいですね。

トリケラもちゃんと進んでます。

PR

No.17|恐竜造形製作日誌Comment(6)

Comment

無題

2007/02/20(Tue)00:29

翼竜キター!!
しかも歩行姿勢!
翼竜の歩行姿勢って人間ぽくってキグルミみたいでかっこいいですよね

No.1|by 飛車|URLEdit

なかなか難題なのです。

2007/02/20(Tue)11:19

翼竜の歩行をあらわす足跡、
ってのがあるんですが、これは最初翼竜のもの
として報告されるものの、
その後ワニとされ、それがまた翼竜に戻るという紆余曲折。
また、その足跡そのものが、パッと見
どういう姿勢で、どう歩いてるのかが
分からない不思議なもの。
今はその足跡を元に、歩行姿勢が検討されてる段階のようです。
今回のズンガリプテルスも、出来るだけその
足跡と合うようにしたつもりなんですが、
そもそもその足跡がズンガリの物ではないので、
強引なやり方ではあります。

皮膜の張り方、たたみ方も難しいし、
なかなか一筋縄ではいかないんですよ、翼竜。

No.2|by ふらぎ|URLEdit

無題

2007/02/22(Thu)15:33

翼竜の歩行しているところなんて始めてみました。(0▽0*おおお~~!
小さい頃見た恐竜図鑑みたいな本はみんな飛んでいるシーンばかりでしたし。
実際の大きさってどのくらいだったんでしょう。歩くの遅そうにみえるし、安全な場所を確認してから歩行していたのかな。
なにはともあれ、とっても印象に残る作品ですよ。完成楽しみにしてます(^-^*

No.3|by ヨッシー|URLEdit

無題

2007/02/23(Fri)07:44

地上に降りているポーズでの造形は
海洋堂の食玩にもありますし
(アンハングエラとケツァルコアトルス)、
イラストも専門書でそれなりに見かけます。
ただ、その地上での姿勢、皮膜の形に
諸説あるので、地上での姿といっても
学説の組み合わせ次第で結構変わるんです。

No.4|by ふらぎ|URLEdit

無題

2007/02/23(Fri)09:23

>実際の大きさってどのくらいだったんでしょう。

このズンガリプテルスは、翼長約3メートルですね。
この作品のポーズだと、頭の高さが70cmくらいかな?
その他、翼竜には現在のハトくらいから翼長10mを越えるものまで、様々な大きさのものがいます。

No.5|by ふらぎ|URLEdit

食玩調べてみました。^-^*

2007/02/23(Fri)21:48

アンハングエラはみていました。変なポーズって思っていたのですが、食玩は印象に残らずじまいで・・・。
学説の組み合わせで違う印象になるって面白いですね。同じモチーフでも全然違う姿がある得るのは魅力です。

鳩くらいの翼竜はちょっと可愛いかも。
でも、ズンガリプテルスの70cmもある頭を目の前の30cm定規を使いながら想像してみるとものすごく怖いです(x_x。)いや、今生きていて、飛びながら追いかけられるのを想像すると・・・。
ジェラシックパークⅢを久しぶりに見たくなりました。

No.6|by ヨッシー|URLEdit

Comment Write
Name
Title
URL
Mail (初めての書き込み・アドレス変更の方は必須)

Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字