恐竜造形製作日誌 ラペトサウルス完成 忍者ブログ

恐竜造形製作日誌

 ■恐竜立体造形作品の製作工程を紹介■

[PR]

2017/11/19(Sun)10:17

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|Comment

ラペトサウルス完成

2008/04/19(Sat)09:49

ラペトサウルス完成です。
縮尺は1/35 全長40cm




最近の復元では、竜脚類の鼻は頭骨の外鼻孔の
位置そのままではなく、もっと顔の前方に開いている
のが主流なのですが、ラペトサウルスの頭骨は
鼻骨の左右幅が狭く、鼻啌が通るには狭過ぎる
ように思えたので、ほぼ外鼻孔の位置そのままに
鼻を開けてみました。
参考・ラペトサウルス骨格図
PR

No.53|恐竜造形製作日誌Comment(4)

Comment

無題

2008/04/20(Sun)21:26

完成おめでとうございます。
割と軽快な感じで塗装も地味目ですが、とても存在感があります。
のどのたわみが気になりますが、何か意味付けはお有りなんでしょうか?
それから鼻孔の位置、やっぱり悩みますよね。個人的にはやっぱり上の方にある気もするので、理由はどうあれ、今回の復元に勇気付けられました(笑)。

No.1|by A.E.G|URLEdit

無題

2008/04/25(Fri)10:46

喉のたわみは、ちょっとしたアクセント(笑)。
シッポが短かったりと、特徴は多いのに全体的には地味な恐竜なので、
少し遊んでみました。

鼻孔の位置は、こっちの復元も造っておきたかったですし、
頭骨の特徴を語るきっかけにもなるかと思い、
頭頂部に設定です。

時間があれば、ブロント(シッポひきずり)・キリンスタイルのアパト、
首水平のアパト、の連作なんて
造りたいんですけどね~。

No.2|by ふらぎ|URLEdit

無題

2008/04/26(Sat)17:46

アパト連作いいですね!そういう方向性も面白いです。

実はブラキオサウルスはじめようと思っているのですが、
未だに、首を上に持ち上げた姿勢に、グッときてしまうんですよ。
どうもあり得ないんでしょうけどねぇ。

No.3|by A.E.G|URLEdit

無題

2008/05/05(Mon)16:58

ブラキオは、前肢が長いので
まだ肩甲骨の位置によっては他の
竜脚類より頭が高く表現出来ますが、
もし実は前肢の長さが意外に普通、
なんて事になったら、つまらないかも
しれませんねぇ。

No.4|by ふらぎ|URLEdit

Comment Write
Name
Title
URL
Mail (初めての書き込み・アドレス変更の方は必須)

Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字