恐竜造形製作日誌 今回のオマケ 忍者ブログ

恐竜造形製作日誌

 ■恐竜立体造形作品の製作工程を紹介■

[PR]

2017/11/19(Sun)10:19

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|Comment

今回のオマケ

2007/12/15(Sat)16:08

今回のオマケ、というか襲われ役。

2007.12.15.jpg













全長 約5cm。
手持ちの本や、ネット上でもペルム紀の淡水魚の
資料が少なく、コレは!というサメは
ダグラス・ヘンダーソンに取られちゃったので、
苦肉の策で肺魚・Conchopomaを選択。
これも簡単な骨格図一枚しかないので、
結局中途半端なネオケラトドゥスな感じに。
オマケの魚は、研究者にも一般の人にもウケが良いので、
出来るだけ拘りたい所なのですが、今回はいつも以上に
気不味い。魚の人にはあまり見せられないかな〜。
PR

No.44|恐竜造形製作日誌Comment(2)

Comment

これはまた

2007/12/22(Sat)22:16

ちょっと見ぬ間にこんなものが!
ふらぎさんの造る魚は素晴らしいと思いますよ。
こういうように少ない資料から類推する場合は、現生動物を知っていることが、大きな武器になるでしょうね。

No.1|by A.E.G|URLEdit

無題

2007/12/25(Tue)09:42

>現生動物を知っていることが、
>大きな武器になるでしょうね。

そうですよね。私は恐竜から全てが
始まっているので、現生動物は疎いんですよね。
今回の肺魚のように、化石種を造る時に
現生種も勉強する事がほとんどです。
最近は、現生動物に詳しい友人・知人も
増えてきたので、随分助けて貰ってますね。

No.2|by ふらぎ|URLEdit

Comment Write
Name
Title
URL
Mail (初めての書き込み・アドレス変更の方は必須)

Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字